IT活用で経営革新!

ホーム>実施事業(実施事業一覧)

実施事業

実施事業一覧
19年度事業18年度事業・17年度事業

20年度事業

セミナー
概要 実施時期
【実施機関】
財団法人鳥取県産業振興機構

【IT経営の実践事例・ITCフレームワーク解説】
「IT経営力大賞」受賞企業又は「IT経営実践認定企業」の代表者、当該企業を支援したITコーディネータを講師として招聘し、経営戦略と連動したIT経営の重要性に関する講演会及び個別相談会を開催する。
開催時間は2時間程度とし、講演1時間30分程度の後、鳥取県内のITコーディネータの協力を得て個別相談会を実施する。
〔場  所〕鳥取市(鳥取県立図書館大研修室)
平成20年7月頃
【実施機関】
島根県中小企業団体中央会

【IT経営先進取り組み事例紹介】
島根県内の「ものづくり企業」のさらなる発展を目指し、ITと経営の融合を図る上で先進的な取り組みを紹介しつつ、IT経営に向けての取り組み意欲の喚起を図るセミナーを開催する。
〔場  所〕島根県西部地区
平成20年7月頃
【実施機関】
岡山県中小企業団体中央会

【「中小企業IT経営力大賞」事例の紹介】
IT経営に関心を持つ経営者等を広く集客し、「中小企業IT経営力大賞」の受賞企業等から先進的な取組を行う企業経営者、著名なIT導入経営者等を招聘し、そのノウハウを紹介する。
〔場  所〕岡山県内
平成21年2月
【実施機関】
特定非営利活動法人ITC広島

【ビジネスプロセス可視化研修会】
IT経営を進めるに当たって、ビジネスプロセスの可視化と変革及びそのマネジメントは重要な鍵となってくる。同時に、企業の保有する情報資産の管理が甘くなれば、信用の失墜や多額の賠償等が生じる危険性が増しており、その経営に及ぼす影響は計り知れない。そこで、中小企業の経営者にプライバシーマーク等の情報保護制度の現状と動向を紹介し、その導入過程や運用面でのビジネスプロセスの整備手法やマネジメント手法を学ぶセミナーを開催する。
〔場  所〕広島県内
平成20年
5月〜9月
【実施機関】
社団法人山口県情報産業協会

【SaaSの最新動向紹介及び手法の習得】
SaaSの普及啓発のために、その最新動向の紹介と手法の習得のためのセミナーを開催するとともに、検討作業グループ(分科会)を構成し、業務システムのプロトタイプ版をSaaS対応に移行させ、ユーザからの評価を分析し、関係企業にフィードバックする。
・ セミナー2回:SaaSの最新動向紹介
・ 分科回4回 :SaaSの製品紹介、使用促進
〔場  所〕山口市内
平成20年8月

平成21年1月

ベンダ企業向け研修
概要 実施時期
【実施機関】
社団法人島根県情報産業協会

社団法人島根県情報産業協会の会員企業を中心にITコーディネータのケーススタディ研修をベースとした研修を行う。これにより経営や経営戦略作成に関する具体的な手法を学び、顧客となる企業が示す戦略目標を正確に理解し、顧客企業のニーズにマッチした提案ができる能力を向上させる。
〔場  所〕島根県内
第1回:
平成20年8月

第2回:
平成21年2月
【実施機関】
岡山県中小企業団体中央会

中小ベンダ企業SE(システムエンジニア)を対象とし、顧客のニーズを適格に把握するためのマネジメントスキル習得に向けた、ITコーディネータによるワークショップ形式の研修会(3日間コース)を実施する。
〔場  所〕岡山県内
平成20年10月
【実施機関】
社団法人広島県情報産業協会

中小ベンダの中小企業のIT経営の支援機能を高めるために中小ベンダ企業向け「IT経営研修」を実施する。
〔場  所〕広島市、福山市
平成20年9月
(福山市)

平成20年10月
(広島市)
【実施機関】
社団法人山口県情報産業協会

IT経営に向けて取り組もうとする企業のニーズにマッチした提案をタイムリーにできるよう中小ベンダ企業の経営者層を対象に研修会を実施する。
〔場  所〕山口県内
平成20年9月

金融機関向け研修
概要 実施時期
【実施機関】
株式会社広島ソフトウェアセンター

金融機関の融資担当者に対し「IT経営」についての知識向上を図る事を目的とした研修会を実施する。
〔場  所〕広島県内
平成20年
8月〜9月
(管理者)

平成20年11月
(融資担当者)

Webマーケティングセミナー
概要 実施時期
【実施機関】
財団法人ひろぎん経済研究所

平成19年度の調査分析を踏まえ、平成20年度においてはネット販売を中心にWebマーケティングの成功のポイントや事業を推進していくうえでの課題に加え、SNSマーケティングやモバイル・ビジネスを含むWebの活用事例を、セミナー開催により幅広く紹介する。
〔場  所〕広島市
平成20年
10月頃
【実施機関】
社団法人山口県情報産業協会

山口県内の中小企業に対して、Webマーケティングの成功事例の紹介と最新技法を紹介し、企業と県内ITベンダとのビジネスマッチングを実現させる。
〔場  所〕山口県内
平成20年10月

サービス業のイノベーション・生産性向上(セミナー)
概要 実施時期
【実施機関】
社団法人中国地域ニュービジネス協議会

ITを活用したサービス産業のイノベーションによる新たなビジネス創出及びサービス現場における生産性向上に向けて、理解と促進を目的としたセミナーを開催する(2回)。
テーマ1:物流関連セミナー 
実際にITを活用して生産性向上等を行っている物流関係者を講師に招き、物流関係者を対象としたセミナーを開催し、その手法等を紹介することでIT経営導入についての意識付けを図る。
テーマ2:観光関連セミナー
ITを活用し、集客向上や顧客満足度向上を行っている事例を紹介し、生産性向上に向けての理解と促進を図る。
〔場  所〕広島市
平成20年
7月、8月

農商工連携(セミナー・研究会)
概要 実施時期
【実施機関】
岡山県中小企業団体中央会

1. 講演会(事例紹介)
地域農林漁業者を広く集客し、ITを活用した先進的な農業経営の取り組みを行う農業生産法人経営者を招聘し、そのノウハウを紹介する。
2. 分科会
農林漁業分野等における流通効率化を推進するITベンダ、販売事業者等による分科会を開催し、効果的な情報化導入、システム構築について検討を行う。
〔場  所〕岡山県内
平成20年12月
【実施機関】
財団法人ひろぎん経済研究所

「地産地消」の動きが活発化する一方で、中国地域における一次産品の流通は、小規模生産者が多数に及ぶこと等からITの利活用が十分とは言えない状況にある。そこで、IT利活用による地場産品の流通効率化を進めるため、意欲のある地域の生産者、販売業者及び情報ベンダ等からなる研究会を開催し、事例収集や効果的なシステム構築のあり方について検討する。
〔場  所〕中国地域内
平成20年
6月〜12月

成熟度診断
概要 実施時期
【実施機関】
広島アイティコーディネータ協同組合

ドアノックツールでもあるIT経営成熟度診断により、個別企業の実態を掘り下げたうえで次への指針を提示する事により、 経営者の問題意識に素早く応えるべく支援をする。(実施企業5社)
〔実施場所〕広島県内
平成20年
9月〜12月
【実施機関】
アイティコーディネータやまぐち協同組合

個別企業のビジネス競争力を強化するための提案をITコーディネータ協会が考案したツールを活用し、3日間で行う。
案内チラシを作成し、金融機関や商工会議所等の経営支援機関を活用し、事業の周知を図る。また、組合で実施するセミナー等の参加者にも本事業を啓蒙し、IT経営力大賞に応募できるレベルの企業の輩出を図る(実施企業3社)。
〔実施場所〕山口県内
平成20年10月

平成21年2月

個別指導
概要 実施時期
【実施機関】
株式会社広島ソフトウェアセンター

広島県を中心とした製造業を対象に開催予定の生産管理セミナー・研修会(広島県実施事業)参加企業のうち、IT経営に関心の高い企業に対して個別指導を実施する(4社)。
〔指導期間〕1社当たり10日間
〔場  所〕広島県内
平成20年11月

平成21年2月
【実施機関】
財団法人鳥取県産業振興機構

ITコーディネータフレームワークである「経営戦略策定」⇒「IT戦略策定」⇒「IT資源調達」⇒「IT導入」⇒「ITサービス活用」のうち、「経営戦略策定」及び「IT戦略策定」について専門家を派遣し、個別企業支援を行う(3社)。なお、予め指導対象企業がいずれのフェーズの支援が必要としているかを十分把握し、各企業のニーズに合致した支援を実施する。
〔指導期間〕1企業6日以内
〔場  所〕鳥取県内
平成20年8月

平成21年2月
【実施機関】
島根県中小企業団体中央会

IT経営に取り組もうとする企業に対し、個別指導を実施する(3社)。
〔指導期間〕1社当たり5日間
〔場  所〕島根県西部
平成20年8月

平成20年12月
【実施機関】
岡山県中小企業団体中央会

過去2年にわたって実施してきた「IT経営成熟度診断」事業のフォローアップ事業として位置づけ、当該事業に参加した10企業に加え、一般企業に対し公募を実施する(応募企業のうち、意欲の高い企業3社程度)。
〔指導期間〕1社当たり3日間
〔場  所〕岡山県内
平成20年11月

平成21年2月
【実施機関】
社団法人中国地域ニュービジネス協議会

中国地域のサービス業におけるIT利活用の取組事例を多く輩出・支援をしていくため、ITコーディネータをはじめとするコーディネートグループを組織し、サービス事業者への指導事業を実施する(2社)。
〔場  所〕中国地域内
平成20年
9月〜12月
【実施機関】
アイティコーディネータやまぐち協同組合

IT経営に対する「気づき」「学び」の段階を経て、「実践」のニーズある中堅・中小企業に対して、そのニーズに応じた個別指導事業を行う(2社)。指導結果については、対象企業の意向を踏まえつつ、報告会を開催するものとし、地域の支援機関の参加を求めるものとする(報告会は対象企業の意向により参加者を限定することがある。)
〔指導期間〕1社当たり概ね10日以内
〔場  所〕山口県内
平成20年9月

平成21年1月

事務局事業
概要 実施時期
【実施機関】
株式会社広島ソフトウェアセンター

【企画運営委員会】
年3回の企画運営委員会を開催し、以下の内容に取り組む。
ア. 中小企業のIT経営に関する課題等についてテーマを設定し、今後の支援方策について検討するとともに、「個別テーマ検討会」の開催を立案、実施する。
イ. 応援隊事業の進捗についてフォローアップを行なう。
ウ. 応援隊事業の活動方針、事業計画及び運営方法等について検討する。
エ. その他応援隊事業に必要な情報の収集と応援隊参画機関等への情報提供を行う。
【メンバー】
企画運営委員会のメンバーは「中国地域ITコーディネータ連絡会」、「各県情報産業協会」、「金融機関」等より選出する。
企画運営委員会
6月下旬
10月下旬
2月初

個別テーマ検討会
7月下旬
11月下旬
【実施機関】
株式会社広島ソフトウェアセンター

【全体会合】
応援隊の全参画機関を招集し、活動方針、事業計画、運営方法、運営に係る協力依頼等の説明やIT経営に関する知見を共有するための「全体会合」を年2回開催する。
平成20年6月
平成21年3月
【実施機関】
株式会社広島ソフトウェアセンター

【普及広報活動全般】
ア.
応援隊のホームページを作成・運営する。運営に当たっては、応援隊事業やIT経営に資する事業計画や各種イベント等の情報を随時掲載する。
イ. 応援隊事業を周知するためのパンフレットを作成する。パンフレットは事務局が企画作成し、内容については中国経済産業局の確認を受けるものとする。
ウ. 山陰地域の地方紙へIT経営に関する応援隊事業の告知を含むIT経営に関する記事広告を掲載し、応援隊各事業への参加企業や参加者の増加を目指す。さらに「IT経営力大賞」への応募企業の輩出を目指す。
随時
平成20年7月
平成20年8月
【実施機関】
株式会社広島ソフトウェアセンター

【応援隊の運営に関する問合せ対応】 
ア. 応援隊事業に関して外部からの照会、相談に対応する窓口機能を事務局が担当し、関係機関との連絡調整を適切に行う。
イ. 事務局を含む全ての参画機関が相互に事業実施状況、実施課題及び各種情報の共有を図り、「事業の見える化」を実現するため、情報共有システムを設置する。
 
随時