IT活用で経営革新!

ホーム>実施事業(実施事業一覧)

実施事業

実施事業一覧
20年度事業18年度事業・17年度事業

19年度事業

モデル選定事業
概要 実施時期
【実施機関】
株式会社広島ソフトウェアセンター

【内容】
中国地域におけるIT経営のモデル事業を選定し、具体的なケーススタディとしての情報を提供する。

【予定】
11月中旬〜12月上旬 
モデル企業の募集を行う。
12月下旬
応募を集約。モデル企業選定委員会で選定する。
1月
モデル事業選定候補のうち20社について、ITコーディネータによるヒアリング調査を実施し、事例集を編集する。
11月〜3月

セミナー・事例発表等
概要 実施時期
【実施機関】
株式会社広島ソフトウェアセンター

【内容】
広島において隔年で開催される情報化月間関連イベント(コンピュータ&ネットワークEXPO’07広島)に参画し、下記事業を実施した。
@ブース出展し、ちゅうごくIT経営応援隊に関連する資料を配布するとともに、ITコーディネータによる相談会を実施した。
A次の講演会を実施した。
10月24日 IT経営研究所 河野亘 「IT経営を支援するITコーディネータの新プロセスガイドライン」
10月25日 経済産業省 夏目健夫 「ITを活用した企業の生産性向上、競争力強化を促進するための政府の取組」    
10月25日 株式会社白鳳堂 高本光 「筆は道具なり 伝統工芸をITで活かす」
10月
24日〜26日
【実施機関】
株式会社広島ソフトウェアセンター

【内容】
日本版SOX法対応に関し、対応事例紹介セミナーを実施する。(1箇所開催、講師2名により事例発表)

【目的】
日本版SOX法の対応が求められている中堅中小製造業を対象とし、「ITを利用して事業を行うユーザ部門」において情報システムの要件定義・業務プロセスの把握ができる人材の育成を図る。

【進捗】20年2月ごろの開催に向け準備中。
2月予定
【実施機関】
財団法人鳥取県産業振興機構

【内容】
財団法人鳥取県産業振興機構が中心になり、ITコーディネータ鳥取、金融機関、各種支援団体と連携し、9月14日に開催した。

〔場所〕鳥取県鳥取市(鳥取県立図書館2階大研修室)  
〔参加者数〕56名  
〔講演内容〕
@カーディナルシステム株式会社 代表取締役社長 寺野靖之 「キャッシュフロー経営とリスクマネジメント」          
AITコーディネータ  久保田浩二 「後発メーカーの経営戦略〜(株)備後ムラカミを支援して〜」
9月14日
【実施機関】
岡山県中小企業団体中央会

【内容】
特定非営利活動法人ITC岡山、財団法人岡山県産業振興財団、岡山経革広場推進協議会と連携し、1箇所(岡山市を予定)でセミナー・展示・相談会を開催する。 岡山県中小企業団体中央会が中心になり、同会の会員企業や過去のイベント参加者、協力機関の会員企業等を中心にWeb・広報誌等を活用して参加者を募集する。

【進捗】
現在、講師を選定中である。講師決定後、開催日時を調整する。
12月予定
【実施機関】
財団法人くれ産業振興センター

【内容】
有効な意識付けを図るため、講師は、全国的にその取組みが注目を集めている他県企業の代表者1名を招聘し、9月5日に広島県呉市で開催した。 【目的】ITの有効活用をベースとして業績を向上させている企業の事例紹介を通じて、IT経営導入についての意識付けを図る。
〔場所〕広島県呉市 ビューポートくれ  
〔講演内容〕四国管財株式会社  お客様係り&代表取締役 中澤 清一 「感動を生み出す経営」
9月5日
【実施機関】
アイティコーディネータやまぐち協同組合

【内容】
1月17日〜18日(2日間)の集中セミナーを開催し、次のテーマに取り組む。
@ 情報セキュリティと内部統制 
A 事業継続計画 
B 自社情報セキュリティレベルの自己診断 
C 自社情報セキュリティチェックリスト作成 
D 事業継続計画作成  
〔会場〕山口県山口市サンフレッシュ山口  
〔講師〕水津敦史(ITコーディネータ)他3名

【目的】
中堅・中小企業の多くが、「情報管理できるコンプライアンス企業であること」、「内部統制の仕組み確立(日本版SOX法)」、「事業継続危機に対する対応計画の確立」について、株主や顧客からの期待や要望を感じていることに対応する。
1月17日  〜18日
【実施機関】
アイティコーディネータやまぐち協同組合

【内容】
10月17日にセミナーを開催し、次のテーマに取り組んだ。
@ 経営戦略の確認、情報システムの動向、情報システム導入目的の明確化 
A 要求仕様書の概要、システム概要の整理、提案依頼事項の整理 
B 提案手続きについて 
C 保証要件および契約事項について  
〔会場〕山口県山口市サンフレッシュ山口  
〔講師〕谷口修(ITコーディネータ)他2名

【目的】
提案依頼書又は要求仕様書の作成によるシステム調達コストの引下げを学ぶ。
10月17日
【実施機関】
財団法人くれ産業振興センター

【内容】
「IT経営大賞」受賞企業など呉地域で参考になる事例について、1箇所(1日間)、企業代表者2名を講師として、発表会を行う。  
〔開催場所〕広島県呉市を予定

【目的】
ITシステムを導入・運用し経営革新を実施した結果、何がどう変わったかについて発表という機会を通じて振り返り、効果を確認する。

【進捗】
事例発表企業を選定中
1月予定
【実施機関】
社団法人山口県情報産業協会

【内容】
1日間のOSS普及啓発セミナーを2回開催する。
@県外のOSSに関する動向について、調査結果の紹介を行う。
A自治体、学校などでの利用事例を紹介する。

【目的】
山口県においては、「やまぐちOSS協議会」を設立させ協力して活動する体制ができたところであり、今後、OSSの利用普及の面で遅れている中小企業に対し、OSSを活用すればコンピュータシステムに係るコストの低減が実現でき、IT化の普及を加速させることができることを実感してもらう。

【第1回】
10月9日 山口県宇部市 宇部興産ビル      
「OSSサポートデスク」によるシステム構築支援 
富士通株式会社サーバシステム事業本部 本部長代理 泉水澄       
「オープンソースと知的所有権」 株式会社 アシスト代表取締役 ビル・トッテン氏
【第2回】
1月(計画中)
10月9日

1月(計画中)
【実施機関】
株式会社山口県ソフトウェアセンター

【内容】
県内商工会議所及び商工会と連携し、次の事業を運営する。
@Excelを有効活用した事例紹介セミナーの開催(4回開催)
AITコーディネータの直接指導(4社実施) 【目的】集計作業のみならず、営業・財務指標の分析やデータベースツールとして活用することで、業務改善のための有力なツールになり得るExcelを有効活用した事例を紹介し、ITを活用した「安価で手軽な業務改善」への気づきを与える。

【第1回】
11月16日 山口県萩市 ウェルハートピア萩      
「仕事に利用・活用する Microsoft Windows Vista the 2007 Microsoft Office system」 マイクロソフト株式会社     
「地域の現場が薦めるIT活用編」 山口県ソフトウェアセンター
【第2回】
12月14日 山口県岩国市 (詳細は計画中)
【第3回】 
1月18日 山口県下関市 (詳細は計画中)
【第4回】 
2月15日 山口県周南市 (詳細は計画中)
11月16日
12月14日
 1月18日
 2月15日

経営者研修
概要 実施時期
【実施機関】
アイティコーディネータやまぐち協同組合

【内容】
経営者研修(入門コース)を4回開催する。  
11月14日周南市 11月22日下関市 11月29日山口市 1月30日岩国市
@経営を改善するための方法(ツール)の紹介(IT活用(事例)の説明)
AITコーディネータの紹介
B今後のセミナー等の紹介

【目的】
小規模規模企業、IT未活用企業を対象に、ITの有効性を啓蒙
11月14日
11月22日
11月29日
1月30日
【実施機関】
アイティコーディネータやまぐち協同組合

【内容】
11月9日経営者研修(オリジナル1日コース)を開催する。 演習を交えた内容。
〔会場〕山口県山口市 山口グランドホテル  
〔講師〕ITコーディネータやまぐち協同組合所属ITコーディネータ

【目的】
@IT経営の概要を説明し、IT利活用への実践と経営者研修への興味付けを図る。
A経営者研修会(3・4日コース)、経営成熟度診断、個別コンサルへとつなげる。
11月9日

成熟度診断
概要 実施時期
【実施機関】
株式会社広島ソフトウェアセンター

【内容】
IT経営応援隊の経営者研修受講企業、呉商工会議所等の推薦企業より1社を対象として、IT経営成熟度診断を実施する。

【目的】
企業の経営層が、自社の取り組むべき重要経営課題の絞り込みとIT経営成熟度の自己診断を行うことで、経営方針、経営戦略に対する経営陣の合意形成を醸成する。また経営課題の解決方向(解決指針)を導き出すことで、経営改革の足がかりとする。

【進捗】
財団法人くれ産業振興センターにて、診断先を選定中。
11月〜1月
【実施機関】
財団法人鳥取県産業振興機構

【内容】
経営者研修、CIO研修等で戦略策定を行った企業4社にIT経営成熟度診断を実施する。  事業実施後は、財団法人鳥取県産業振興機構が行う経営革新アドバイザー支援事業によるフォローを行う。

【目的】
経営層が、自社の取り組むべき重要経営課題の絞り込み、IT経営成熟度の自己診断を行うことで、経営方針、経営戦略に対する経営陣の合意形成を醸成する。また経営課題の解決方向(解決指針)を導き出すことで、経営改革の足がかりとする。

【進捗】
会員企業700社に案内し、3社から応募があった。  残り1社を引き続き募集している。
11月〜1月
【実施機関】
岡山県中小企業団体中央会

【内容】
@過去のイベント参加者や実施機関の会員企業を中心に事業パンフレットを配布する。
A希望者には冊子「目からウロコの経営改革」を配布し、さらには意欲の高い5社を選定し、IT経営成熟度診断を行う。

【目的】
経営層が、自社の取り組むべき重要経営課題の絞り込みとIT経営成熟度の自己診断を行うことで、経営方針、経営戦略に対する経営陣の合意形成を醸成する。また経営課題の解決方向(解決指針)を導き出すことで、経営改革の足がかりとする。

【進捗】
会員企業500社に事業パンフレットを配布し、募集中。
11月〜1月
【実施機関】
アイティコーディネータやまぐち協同組合

【内容】
経営者研修受講企業または金融機関の推薦企業より、5社にIT経営成熟度診断を実施する。

【目的】
経営層が自社の取り組むべき重要経営課題の絞り込みとIT経営成熟度の自己診断を行うことで、経営方針、経営戦略に対する経営陣の合意形成を醸成する。また経営課題の解決方向(解決指針)を導き出すことで、経営改革の足がかりとする。

【進捗】
CIO研修、IT調達コスト削減セミナーなどで募集中。
11月〜1月
【実施機関】
広島アイティコーディネータ協同組合

【内容】
@IT経営成熟度診断の内容を理解してもらうセミナーを2箇所で開催する。     
Aこのセミナーへの参加者を中心に6社を対象として、ITコーディネータによる診断を実施する。

【事業実施後のフォロー】
IT推進アドバイザー制度を活用して、個別にアクションプラン作成支援を実施する。アクションプランの実行支援に関しては、人間系(業務改革、業績評価システムであるバランスト・スコアカード目標管理の仕組み、社員教育等)支援、IT系(提案依頼書作成等)支援をそれぞれ得意のITコーディネータで引継ぎ、IT経営実践段階まで導く。

【セミナー】
12月5日 広島県広島市 RCC文化センター 
12月6日 広島県福山市 福山プラザホテル     
経営について思うこと 広島信用金庫 理事長木 一之     
次の10年を築くための新基幹システム構築 株式会社あじかん 情報システム課長 福岡 泰志     
IT経営成熟度診断のご説明 広島アイ・ティ・コーディネータ協同組合
【セミナー】
12月5日
12月6日

【診断】
12月〜1月

個別指導
概要 実施時期
【実施機関】
株式会社広島ソフトウェアセンター

【内容】
生産管理システム導入研修(広島県実施)の参加者から3社を対象とし、経営戦略・戦略情報化企画・提案依頼書の作成支援を行う。
〔指導期間〕 1社当たり10日間の個別指導  
〔場  所〕 広島県、山口県、岡山県

【進捗】
広島ソフトウェアセンターにて開催している生産管理システム導入研修(受講者31名)の中から指導先を選出予定。
12月〜2月
【実施機関】
株式会社広島ソフトウェアセンター

【内容】
多品種少量生産の生産管理または卸の在庫・物流管理を指導テーマとし、2社の個別指導を行う。 個別指導では、経営者に対し、IT戦略・IT資源調達・IT導入・運用の進め方を指導する。
〔指導期間〕 1社当たり20日間又は12日間の個別指導  
〔場  所〕 広島県呉市

【進捗】くれ産業振興センターの推薦先2社を指導中(指導者:ITコーディネータ 神鳥勝昭)。
9月〜2月
【実施機関】
特定非営利活動法人ITC広島

【内容】
特定非営利活動法人ITC広島の実施した2006年度シリーズセミナー参加企業等から6社を対象とし、個別指導を行う。

【目的】
IT経営実現のための「見える化」・「変える化」・「高める化」・「守る化」・「差別化」の5ステップを個別コンサルティングで実施し、モデル企業化する。  
〔指導期間〕 1社当たり5日間の個別指導  
〔場  所〕 広島県

【セミナー】
9月18日 会場:広島県広島市 マイクロソフト株式会社中国支店  「黄金の5ステップとIT経営成功の法則」 NPO法人ITC広島 理事 児玉学   「IT経営応援隊・2007年度個別企業コンサルティング事業の説明」 NPO法人ICT広島 理事長 志多木義浩

【指導企業・指導員】
6社を選定し、指導中。
    
@(担当ITC:児玉学)     
A(担当ITC:志多木義浩)     
B(担当ITC:溝下博)     
C(担当ITC:池田雅之)     
D(担当ITC:矢村弘道)     
E(担当ITC:伊藤智明)
【セミナー】
9月18日

【個別指導】
10月〜2月

ネットワークの構築
概要 実施時期
【実施機関】
株式会社広島ソフトウェアセンター

【内容】
各支援機関の特徴、支援制度についてまとめたガイドを作成する。

【目的】
経営課題の対応策について、公的支援機関に相談したいが、どこへ行けばよいかわからないという中小企業や中小企業の相談を受けることが多い金融機関などに、各種支援機関の所在、支援内容について、周知を図る。
〔実施時期〕
@9〜11月予定 構成検討 
A11〜12月予定 支援機関ガイド編集 
B2月予定 支援機関ガイド配布
9月〜2月

IT経営キャラバン隊との連携
概要 実施時期
【実施機関】
株式会社広島ソフトウェアセンター

【平成18年11月に設立されたIT経営キャラバン隊事業との連携】
IT経営キャラバン隊は、地域の商工会議所等が中心となり実施されるものであり、これらと連携して事業を実施することにより、地域の支援ネットワーク構築へ繋げる。5会場において、
@IT経営百選の事例発表(講師:各会場1名)
A「IT経営のススメ」講義(講師:各会場1名)
BITコーディネータによる個別相談(相談員:各会場2名)を実施する。

【各会場の講演内容】  
〔9月5日松江市〕   
@株式会社イノベート 代表取締役 吉本雅則 IT経営による成功企業の事例紹介
AITコーディネータ 上田治城 IT経営のススメ  

〔11月16日福山市〕   
@株式会社山陽鉄工 代表取締役社長 賀谷隆太郎 「IT活用による経営革新」ー「見える化」の推進   
AITコーディネータ 久保田浩二 「儲けるためのIT経営とは? IT経営成功のステップとは?」

【その他の計画】   
@廿日市市(2月12日予定) 
A広島市(時期未定) 
B三原市(時期未定)
9月5日
松江市

11月16日
福山市

2月12日
廿日市市
【実施機関】
アイティコーディネータやまぐち協同組合

【内容】
12月6日に周南市ピピ510にて、IT経営キャラバン隊事業と連携事業を行う。   
@IT経営のすすめについて 
講師:ITコーディネータ協会 事務局主幹 前田 信太郎

AITの高度活用による経営改革について 
周南マリコム株式会社 代表取締役 堀 信明

モバイルを活用したIT経営 Beam-creation 
代表 松原 香織

IT経営キャラバン隊活動とサービスメニューについて 
IT経営キャラバン隊 事務局 那波 幸光  

BITCによる個別相談 
C体験・展示コーナー  

【目的】
IT経営キャラバン隊は、地域の商工会議所等が中心となり実施されるものであるが、これらと連携して事業を実施することにより、地域の支援ネットワーク構築へ繋げる。
12月6日

IT活用事例検討
概要 実施時期
【実施機関】
財団法人ひろぎん経済研究所

【内容】
@Webマーケティングにより事業機会を拡大し、経営革新を推進している事例を探索・収集・分析する。
A関心層向けに有益な素材(事例集)を作成する。

【方法】
中国地域のWeb活用型事業について、メディア等から情報を収集整理するとともに、事業者等をゲストとして招聘し、意見交換を行う。また事業者へ出向いてヒアリングを実施し、これらを踏まえた先行事例集を作成する。なお、事業実施に当たっては、検討会を構成する(構成員:12名を予定)。
○検討会 〔開催回数〕
第1回 10月4日 
第2回 12月11日(計画中) 
第3回 1月〜2月        

〔検討内容〕
・先進的なITマーケティングの手法  
・ITを活用したマーケティング事例4件

○ヒアリング調査 平成19年10月〜12月予定 地域内の16社程度を対象として実施中。
○事例集作成 平成19年3月予定
9月〜3月

事務局事業
概要 実施時期
【実施機関】
株式会社広島ソフトウェアセンター

【企画運営委員会】 
活動方針、事業計画、運営方法及び問題の解決策等を検討する。  
第1回会合:19年11月ごろ開催し、19年度事業の進捗確認を行う予定  
第2回会合:20年3月に開催し、19年度事業の報告を行う予定
19年11月
20年3月
【実施機関】
株式会社広島ソフトウェアセンター

【全体会合】 
19度事業に対する意識の摺合わせを行い、事業の円滑な実施を図る。
第1回会合:19年9月11日(火) 会場:中国経済産業局会議室 参加者数:50名
第2回会合:20年3月に開催し、19年度事業の報告を行う予定
19年9月
20年3月
【実施機関】
株式会社広島ソフトウェアセンター

【パンフレットの作成・配布】 
ちゅうごくIT経営応援隊の認知度を向上させ、事業への参加勧誘を図る。事務局にて、A3版両面1枚のパンフレットを作成中
11月

ホームページ運営
概要 実施時期
【実施機関】
株式会社広島ソフトウェアセンター

【内容】
ちゅうごくIT経営応援隊の主催事業・後援事業や参画機関の事業をホームページで案内する。

【目的】
中国地域における中小企業のIT化を支援する新たな流れを創造するため、ちゅうごくIT経営応援隊のホームページを運営し、より多くの中小企業経営者やその支援機関の参加を図る。
9月〜3月